ノンバンクの形態と消費者金融会社の動向について

ノンバンクとは「銀行ではない金融機関」という意味からつけられているのですが、具体的には私達の預金ではなく、銀行などの他の金融機関から資金を調達して、それを個人や企業に貸し出すことでビジネスを行っている金融機関を指しています。消費者金融会社、信販会社、ローン会社、などがノンバンクといわれて、この分野が大きく範囲を広げて来ています。
もともと、銀行の業務には様々な規制があったために、消費者側のニーズ十分応えることができていなかったという面があります。短期間だけお金を借りたい、買い物するときに現金では払いたくない、というようなニーズに答える商売を舞台にしてきたのがノンバンクなのです。こういった動向から、資金調達などの方法も限られていたため、借入金に頼らざるを得なかったという面があります。
一般個人を対象に、ローンやクレジットなどのサービスを提供する役割を消費者信用といいます。不動産などの担保ではなく、個人の信用を背景に融資を行うためです。その中に買い物やサービスを受けたとき発生する代金を立て替え払いする販売信用、いわゆるクレジットなど、直接に資金の融資を行っている消費者金融があります。
近年、消費者金融は自動契約機の導入や、無人店舗の設置、店舗網の拡大などで営業力が強化され、現在の市場規模は訳40兆円と推測されています。消費差者金融業は、貸金業規制法という法律に基づいて業務を行っており、業者数は全国におよそ17,400社、東証第一部に上場している企業も数社あります。ただ、企業として、従来からのマイナスイメージが完全に払拭されたとは言い切れないところもあります。